看護師

産婦人科では中絶治療が受けられる│婦人科の悩み相談窓口

知識を身に付ける

看護師

中絶は現在国内でも問題となっています。中絶は心と身体に負担がかかってしまうので、望まない妊娠をする前に、まずは妊娠に関する正しい知識を身につけておくことが大切です。

期間を知る

医療器具

人工妊娠中絶には、それが可能な期間が定められています。中絶は早ければ早いほど母体への負担がかからないと言われています。中期になる前の初期段階で中絶をする方がリスクを減らすことができます。

妊娠中期の中絶

先生

妊娠してから12周目からの中絶、中期中絶について、この場合の中絶は実際の出産と同じように行います。膣から薬を挿入して子宮を収縮、つまり、人工的に陣痛を起こして流産させてしまうと言う方法

少子化の現代

お腹

産婦人科等での統計結果でも、若すぎる人の中絶がかなりの増加傾向にあります。中絶と考えれば産婦人科で堕ろすだけ、と言うイメージかもしれませんが、実はこの行為自体非常に危険。母体にはかなりの負担をかける事になりますし、将来の不妊の原因にだってなってしまいます。中絶によってホルモンバランスが乱れたりする事も多々ありますし、本当に危険な事なのです。実際、このように科学や医療が発展した現代でも妊娠と言うのは非常に大変な物、今でも様々な原因によって出産時に母体か子供のどちらかが死亡してしまうと言うケースも珍しくはありません。貴方ももし妊娠や出産をする機会や気持ちがあるのなら、中絶の危険性やリスク、どのような形で処理されるのか等を知っておいて欲しいと思います。お金を払うのは両者だとしても、負担がかかるのは女性にだけ…それもホルモンと言う内部から崩れるかなり大きな不可がかかってしまいます、ですから自分の体を大切にする為にも、まだ経済的な能力の無い若いうちは軽率な行動はしないようにして頂きたいと思います。中絶にも種類があり、アメリカ等へ行けば日本では許可されていないような物も販売されている事があります。それらを利用する場合のリスクや、実際の中絶へ行くまでの流れ等、様々な事をここでご説明したいと思います。思い悩んでしまうのはわかりますが、なってしまった物は堕ろすしかどうしようもありません。それに、貴方が悩んでいる間にも赤ちゃんはお腹の中で育っていますから、できるだけ早く覚悟を決めて産婦人科で見てもらうようにしましょう。産婦人科でしっかり指示を受けなければ貴方の命にだって関わってくるかもしれないのですからね